案件情報
転職をお考えの方へ
転職コラム
採用ご担当者様へ

コンサルタント紹介

ホライズン・コンサルティング株式会社
〒104-0054
東京都中央区東日本橋2丁目28番4号日本橋CETビル2階
TEL:03-6271-0872
FAX:03-6856-2861
お問い合わせ

法務職系

2021/02/26

著書の紹介『ジョブ型雇用と採用戦略』(KKベストブック)小林毅著

9784831402424.jpg

2021年2月26日発売(KKベストブック)1400円(税別)

コロナ禍の今こそ!人材確保のチャンス!優秀な人材を中途採用するノウハウが満載!

1年前は「超売り手市場」による人材不足で、外国人労働者に頼らざるを得ない状況に追い込まれていた労働市場が、コロナ禍により、一気に人材過多となった。しかし不況と言っても、日本の労働力人口が激減している事実は変わらず、やがて景気の回復により、また人材不足になることは日を見るより明らか。

次世代を担う、若手人材の確保が至上命題であることに変わりはないのである。

はじめに 企業は常に人材採用に苦労している
第1章 変容する労働環境を知り、人材マーケットを理解する
   ・コロナショック以前、連絡が突然途絶える「バブった求職者」が溢れていた
   ・人手不足と人材不足を定義する
   ・テレワークができる仕事が選ばれる
   ・転職マーケットはずっと「ジョブ型雇用」
第2章 募集活動前に自社で行うべき準備について整理する
   ・直接採用と紹介事業者を利用する方法
   ・人材紹介会社とどう付き合うべきか
   ・リファーラル採用は企業の評価を知るベンチマーク
   ・人材ビジネスのカモになってしまうケース
第3章 求人票とJob Description
   ・ざっくりとした「求人票」は刺さらない
   ・欲しい人材を確保するための戦略を練る
   ・的を絞っていない「求人票」がダメな理由
   ・自社を見える化することの大切さ
第4章 書類選考から面接までの考え方
   ・中途採用の基本的な考え方と「採用基準」について
   ・優秀な人材は雇用統計指数には表れない
   ・辞めた理由と選んだ理由から、ストーリー性を感じる
   ・人にこだわり、採りに行く姿勢を持つ
第5章 内定者を逃さないためのアプローチ
   ・内定辞退の理由とは?
   ・内定通知書に記載すべき事項
   ・内定者が持つ不安を知る
   ・内定者面談を必須とする
第6章 定着率アップで会社を成長させる方法
   ・なぜ短期離職してしまうのか>
   ・人事考課面談の内容
   ・知情意から考えてみる
   ・定着してほしい人材の流出を防ぐ


著書の紹介『ジョブ型雇用と採用戦略』(KKベストブック)小林毅著にエントリーする

2019/05/17

著書の紹介『転職大全』(朝日新聞出版)小林毅著

転職大全書影.jpgのサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像

2019年4月19日発売 (朝日新聞出版)
1800円(税別)

この一冊で「進むべき道」と「まずやること」がわかる! 
【絶対後悔しないための究極マニュアル】
・転職活動を何から始めれば良いか、知識がなくても簡単に理解できる。
・対話形式で、誰にも相談できないキャリアの不安を解消できる。
・キャリアアップ、キャリアダウンを事例で具体的にイメージできる。
・転職マーケットの構成を求人企業、紹介会社の視点で把握できる。
・自分=○○と語ることができるキャリアの重要性を図解で体感できる。
・キャリア理論、カウンセリング理論を基にした客観的エビデンス。



(目次)
プロローグ 転職が怖い理由

◆会社を辞めてからの転職は、キャリアダウンが待っている
◆転職した後悔としなかった後悔
◆自分を知り、転職市場を解し、策を練る

1 転職を考えたとき、まず何から始めるか

◆自分の強みと転職マーケットを知っていますか?
◆キャリアアップする転職とキャリアダウンする転職の分かれ道
◆他部署への異動は転職市場的には「死刑宣告」
◆まず、採用側の戦略を知る
◆求人情報をどう仕入れるか?
◆求人企業がこっそりと採用する訳
◆紹介会社のあなたの担当はコンサルタントか荷さばき人か

2 転職マーケットの生態系

◆給料が安いのはあなた個人の問題ではない
◆会社を辞めてまで取る価値のある資格はない
◆転職と独立開業、どっち?
◆「やりたい仕事」よりも「経験した仕事」に価値がある
◆転職で売れない人材を作り続ける日本企業
◆企業の成長ステージで欲しい人材は変わる
◆能力が高いのに落とされる人はパーソナリティが原因
◆転職活動3つの鉄則「自分を知る」「相手を知る」「対策を練る」

3 「なぜ自分は転職するのか」を理解する
◆「落とすことが仕事」の面接官には期待をするな
◆自分は○○の人と語れるかブランディング
◆ライフラインシートで自分の人生を振り返る
◆キャリア形成には「積み上げた感」が大切
◆自分は何に向いているのかを知るアセスメントツール 

4 企業はどんな人を本当は求めているのか

◆求人票から企業の選考基準を見抜く
◆転職活動の武器となる自己効力感
◆大手企業は「いい人がいれば採用します」
◆20代・30代・40代の転職難易度と実情
◆長く働いたキャリアは信頼と実績となる
◆「会社は家族」をどこまで信じるべきか
◆転職マーケットで選別される3つの人材型キャリア

5 戦える職務経歴書を作り上げる

◆職務経歴書で自分をどう見せるかを考える
◆職務経歴書の目的は会いたいと思わせること
◆職務経歴書の1ページ目は一番見せたいキャリアを記載する
◆自己紹介欄は面接への前フリ
◆脚色できる「過去」は話半分に見られている
◆面接官目線を意識する
◆経験と実績を意識する内的キャリアと外的キャリア
◆長所は裏付けるエビデンスと短所は改善すべき課題とともに語る
◆一つの職務経歴書を使いまわした方がいい理由

6 面接という戦場で勝つための戦術

◆応募先は「転職の目的」で選択と集中する
◆数を競わず理想の1社から内定が出ることだけ考える
◆同時進行の採用活動における後悔しない賢い駆け引き
◆転職活動では必ず揺れるときがある
◆求人票だけを信じるな! 応募前に自分で確認すべき事項
◆面接=戦場。手ぶらで行くな
◆第一印象は大切。余計な情報を与えないこと
◆職務経歴書の印象よりも本人が良い人材である演出
◆採用目前でも一転NGもありうる質問コーナーの重要性
◆なぜ、面接時間は長いほうが結果を期待できるのか
◆外資系希望なら知っておきたいリファレンスチェック
◆面接でも過去・現在・未来という流れを意識する
◆内定条件は必ず文書で確認せよ

エピローグ 転職後に陥るジレンマ

著書の紹介『転職大全』(朝日新聞出版)小林毅著にエントリーする

2016/12/13

法務担当者

募集企業の特徴

ここ数年で急成長を遂げている日本の会社です。
近年は海外進出も視野にいれており、グローバル展開を図っています。

募集の背景

事業拡大による増員

担当者より

短期で成長している日本の企業です。
平均年齢も若く、アットホームな雰囲気の企業です。
向上心があり、セルフスターターの方が望まれます。

業務内容

企業法務・渉外業務の全般を担当します。

  • 株主総会、取締役会、その他経営会議の運営
  • 契約関連業務
  • 訴訟対応
  • コンプライアンス全般
  • 知的財産の管理
  • 官公庁、各種団体との調整など

求められる経験とスキル

  1. 法律に対する深い知識と経験
  2. 高い文章能力
  3. 協調性があり、高いコミュニケーション力のある方
  4. 高い英語力(特に読み書き)
  5. 弁護士資格(日本)をお持ちの方歓迎

人物像

  • スピード感がある方
  • 高いバイタリティと強い責任感がある方

待遇

経験と前職給与を考慮し決定します。

その他

完全週休2日制、祝日、年末年始、年次有給休暇、疾病休暇、結婚休暇、配偶者の出産休暇など
各種社会保険、財形貯蓄、退職金制度
各種法人会員及び契約施設・ホテル・各種クラブ活動

法務担当者にエントリーする

2016/12/13

海外法務担当

募集企業の特徴

急成長を遂げている一部上場企業です。近年海外進出を果たし、グローバル企業へとシフトしております。多くの若く優秀な人材が集まっている企業なので、多くをインスパイアーされる環境が用意されています。

募集の背景

業務拡大による増員

担当者より

スピード感があり、法務のあらゆる案件に携われることができる企業です。
法務担当として大変刺激的で、スキルを短期で築くことができる大変魅力的な仕事です。

業務内容

主に英文契約業務を中心とした企業法務全般を担当していただきます。

 

  • 契約法務(提携契約、委託契約、英文契約、代理店契約等)
  • ファイナンス関連(M&A、投資、資金調達等)
  • コーポレート関連(株主総会・取締役会の運営、登記手続き等)
  • サービス関連(知的財産管理、サービス開発に際する法律相談、ユーザー向け契約等)
  • コンプライアンス関連(社内教育、内部統制、社内規程管理等)
  • 渉外(官公庁・各種団体との関係構築、渉外活動等)など 

求められる経験とスキル

  • 英文契約書の審査・やりとり、英語での法律業務の経験
  • 法律の知識、バックグラウンド
  • ドキュメンテーション能力、また各種契約書を読みこなし内容を理解する能力
  • ベンチャーマインド、協調性、コミュニケーション能力
  • 仕事に対する強い責任感、高いバイタリティ、向上心 

人物像

  • 何事にも関心を持ち、チャレンジ精神旺盛な方
  • 新しいビジネスに積極的に取り組みたいという意欲的な方

待遇

500万~800万

海外法務担当にエントリーする

2016/12/06

法務スペシャリスト

募集企業の特徴

ディスプレイ、太陽電池、半導体、電子、電気、金属、機械、自動車、化学、食品、医薬品業界及び、大学、研究所向け真空装置、周辺機器、真空コンポーネント、材料の開発、製造、販売、カスタマーズサポート及び、諸機械の輸出入。また、真空技術全般に関する研究指導、技術顧問。 

募集の背景

欠員補充

担当者より

高い技術を持った日本の製造業です。海外出張などもあり、グローバルに活躍するフィールドが用意されています。

業務内容

法務業務全般・リスクマネジメントを担当いただきます。

  • 各種契約作成、チェック
  • 損害賠償案件などの社内外との折衝
  • 会社規定整備 など

  ※海外出張も多いポジションとなります。 

求められる経験とスキル

  • 法学部出身者
  • 契約書作成能力、交渉力が高い方
  • 企業法務等の業務経験が3年以上
  • 民法、商法の基礎的な知識
  • 英文契約対応経験があること(英語は読み書き必須) 

 

法務スペシャリストにエントリーする

1